2016年11月07日

『真田丸』第44話「築城」

最終章突入の
「大河ドラマ」
「真田丸」
「第44話」
「築城」の感想。

大坂城内部の情報が
誰かの手により、
「徳川家康」に?

おかしい。

誰かが裏切り者として大坂の首脳陣に居ますね?

「織田有楽斎」あたりが…臭い気がします。


牢人が金目当てならば、、、
最初から雇うの辞めれば?

雑兵だけ集めれば、いいだけ!

それが指揮官クラスの牢人を集める意味が解りません。

「淀殿」は、
「豊臣秀頼」の自立のために、
牢人に釘を刺したように思えます。

「豊臣秀頼」が自分の目で見て、
「出城」の築城を許可するシーンを
「淀殿」は微笑んでいたように思えましたから。

「真田の赤備え」は、心にじ〜んと来ますね♪

「義」を通せなかった、
「上杉景勝」の迷いの表情にも…何かを感じます。

「大野治長」の苦労が報われることを祈ります…。

「牢人に信じない大坂側」と
「戦場を知らない者ばかりの徳川側」。

どちらに軍配が上がるのでしょうか?

「出城」の
「真田丸」の完成からの
「オープニングソング」とは、上手いと感じました♪

砦のしての
「真田丸」のオープンですから…笑っ


posted by ふーちゃん at 00:05 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。