2017年08月21日

『おんな城主 直虎』第33話「嫌われ政次の一生」

「大河ドラマ」
「おんな城主 直虎」。

「第33話」
「嫌われ政次の一生」の感想。

世の中には、
『必要悪』というものがありますが…。

一度、必要悪になってしまっては、最期まで悪党にならねばならない…。

悲しいことです。

それが…小野家の運命だったのでしょうか?

命を絶つことを…しなければ、
命が無駄になると思ったのでしょうが。

幼なじみを失う辛さ。

もう…2度目。
さて…大丈夫でしょうか?


タグ:33話 直虎 感想
posted by ふーちゃん at 22:26 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。